Tiger Uppercut!〜ある秋田人の咆哮

タイガー!タイガー!アッパカーッ! 秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来を書き下ろし!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
三春の滝桜
ちょと前の話だけれども仙台、そして福島に出張へ。
郡山の同業者で、年齢や業績や抱えている課題などもほぼ同じというこの会社。
ここの社長に時間をとってももらい一晩じっくりと語り合う。
今後の方向性などを考える上で、こういう生の情報は非常に参考になる。
なにしろ同地域では同業者との交流は、競合になるせいか、まったくない。
だからたまに遠方まで足を運ぶ必要があるのです。

せっかくなので帰りに三春を案内してもらうことに。
郡山からはものの20分くらいで行けるこの福島県、三春町。
のどかなのどかな山あいの田園地帯にある三春。
二つ理由があり、ずっと前からぜひ行きたいと思って思っていた三春。
その一つ目の理由が「桜」。



この三春には三つの春が同時に訪れるという。
桜、桃、梅が同じ時期に咲くのだ。
まちを流れる川は花びら流す桜川。



日本の春が全部集まったような場所がこの三春なのだ。
三春ではどこにいっても桜、桃、梅、ピンクと白で町が埋まる。
なんてぜいたくな町なんだろう。
その春の花の聖地の象徴的な存在がこの天然記念物の滝桜だ。


満開時の「滝桜」


全国から集まる人で賑わう

私が行ったときはもう旬の終わった頃だったので、
この写真のような爛漫たるエネルギーを感じることはできなかったのだけれども、
でもなんだかその姿はなんとも痛ましい感じがした。


1000年以上にわたり桜を咲かせ続けてきたこの大古木


胸にどんどん敬意がわきあがってくる

それだけに支柱で体を支えられて立っている状態の姿は、
とても痛々しく胸に突き刺さる。
そろそろ楽にしてあげてはどうなんだろうか?





この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com


JUGEMテーマ:地域/ローカル


| T U | 自然から | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
春は萌え萌え2008
今年は思いがけずに春の足が速く特に桜には見事にdashされてしまったので、
とても切ない思いを余儀なくされてしまったが、
そのぶんアイコやシドケの旬は逃しはしないぜ!という思いもひとしおでした。

ということで、黄金連休真っ只中のこどもの日。
こどもを家において行ってきました岩見三内!


車をおいて歩くこと一時間


やっぱり今年の緑は去年よりも濃い


さわやかな渓流には心が洗われる


途中、何千匹ものヒキガエルが交尾しているのを見かけます


一匹のメスに群がり集まり力ずくでつかみかかるオスたち

自然の摂理というものを感じます。
ここは法や道徳、倫理というものがない世界。
pureな自然がそのままあるのです。
それはすなわち残酷で不条理な世界でもあります。
なんだかんだいっても自分もその連環の輪のひとつに過ぎない・・
なんてことでも考えながら、


ひたすら歩くのです!


そしていつものポイントで山中へ


ありました!見事なシドケの群生地帯!

ここまで見事に群生しているのをみるのは生まれて初めてでした。
本当に見事!
岩見三内の山奥で萌え萌えの春をつかまえました!


他にもアイコ、ミズなどなど萌え萌え!


桜の鬱憤をここで晴らしました


それにしても

この日の収穫は末端価格にして一万円を軽く越えるでしょう。
もちろん、金などどうでもいい話。
千金を積まれたところでこの一日に経験した収穫には及ばない。
それを肴に夜は大吟醸を愉しむのだ。
これも山に行く醍醐味のひとつ。


まずは淡麗緑とシドケのおひたし


この香りとエグミがなんとも言えないんです


シドケが「山菜の王様」といわれるのがわかるね


umai〜


ミズは生姜と味噌で軽くあえて食す


そしてこれからが旬のワラビ!


これはワラビタタキです

2008年、萌え萌えの春。





この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com


JUGEMテーマ:地域/ローカル


| T U | 自然から | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
桜、去る
今年の桜はいったいなんだったんだって感じで終わってしまったような気が・・。
多くの秋田人にとっては楽しむ隙を与えてくれない意地悪な桜だったに違いない。
私も今年はタラノメとコシアブラの旬を外してしまった。
無念。
ウド、アイコ、シドケは外さないようにしなければ。


なぜか実家の裏に自生しているシドケ

ただ、短い間だったものの、桜だけはつかまえることができた。
新屋公園、千秋公園と満開の桜吹雪に運良く出くわした。


新屋にある帯状近隣公園


桜の木が若々しくてとても迫力ある


新屋は住宅地に桜が多くてこの時期とてもきれい


そして千秋公園


桜は老いているせいか見劣りする


しかしこの人出はさすが千秋公園ですね

祭りらしくていい雰囲気でした。


本部の前にあった協賛広告


トラパンツっていう社名もどうかと思いますが・・


ギミックっていうのもどうかと・・

秋田のまともな社名のみなさん、もっと協賛しましょう(笑)


来年はもうちょっと長く桜を観れますように。
これから秋田は、シドケ、ワラビ、タケノコ、そして河豚の季節に向かいます。





この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com





| T U | 自然から | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
岩見三内最高論
岩見三内をありえないほど賛美したタイトルの記事を何度も書いているため、
岩見三内にばっかり行ってるように思われているかもしれませんが、
実際そうなんです。

山といったら岩見三内です。

もうすでに晩秋。
この時期の岩見三内ほど美しい風景を見せる場所はない。
人生初の天然ナメコに会えるかな?
期待を込めて紅葉で燃えるブナの森に。


山が燃えている


もののけ姫の世界


ナラの木とムキタケ、そして熊の爪痕


ムキタケ真っ盛り!


そしてサワモダシ


深山のサワモダシはとても状態がいい


名もなき名瀑、その向こうには・・


ありました天然のナメコ!


沢をかきあがってくること数時間


ようやく生涯初の天然ナメコ!


どうですかこの状態!


まさにぬらめぎあってます


ここまで攻めてきた苦労が報われる瞬間


そしてさっそくメシの準備


多めの塩で虫を抜く(抜けないけど)


きりたんぽ鍋の起源はこういうシチュエーションでしょう


サワモダシ、ムキタケ、ナメコきりたんぽ鍋


とんでもなくumai!!!


岩見三内が燃えている!


次は来春。
今度はシドケで吟醸酒だな。





この記事にハッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com
| T U | 自然から | 20:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
モーニング茸。
山に行きたい。
しかしなかなか週末に時間がとれないので、
奥の手ということで平日の早朝未明に山にぶらっと出かけるようにしてみた。

そしたら、これがなかなかいい。
深山の夜明けはなんといっても格別だ。
なんかほんとに「これから一日始まるっすよーーっ!」て感じします。

道中の車内ではドライバー兼相棒と早朝ミーティング。
地球とはどうあるべきか、社会とはどうあるべきか、経営とはどうあるべきか、人生とはどうあるべきか、成長するためにはどうあるべきか、そういったそもそも論を考えるにはとてもいい時間。
夜、飲みながら話すのとはちょっと違っていい感じ。
これもoutputの一つです。

息子を保育園に送っていく時間までには戻らなければいけないので7:30には家に着く。なので現地にいる時間は1時間もないんですがかなり充実しています。

収穫も多少あります。
このブナの森にlock onしてから2年目。
だいぶ山容がわかってきました。


天然のマイタケ


西の松茸、東の舞茸というくらいの貴重なキノコ


今年は豊作だったらしいです


こういうサイズのは結構みつけました



そしてムキタケの季節


ぬらめぎあってます


このヌメリがたまらない


肉厚でumaiキノコです

来週はついに念願のナメコ。
今年は採れるかなー?
朝の山はYeah!!





この記事にハッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com
| T U | 自然から | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
岩見三内最高主義
岩見三内を遊び場に選んだのは3年くらい前。
私の家は岩見三内に行くには一時間弱かかるような所にあるんですが、
現在deskworkで忙しいさなか、朝4:00に起きて行ってきました岩見三内!
ことしはキノコの当たり年で、特に舞茸が豊富にとれてるんだそうです。
人生、初舞茸とれるかな?
とささやかな期待を込めて行ってきました。

5:30に入山し、尾根を登り斜面にへばりつく。



名もなき山の頂上に着いたときにはもうすでに9:00をまわってました。



「このへんは熊がうようよいる」

と行き交う人が口々にいうように、至るところに熊の糞、爪痕、獣臭・・。
最高ビビリました・・。


熊の爪痕のついた無数のブナ

さらに舞茸の女神は振り向いてくれず・・。
収穫なしで山を去ろうとしたところ、なんと目の前に困っている老人が!
チャンスとばかりに困りごとを解決してあげると、

「お礼にいいところを教えてあげる」

と老人の秘密の場所に案内してくれました。
そこには一面!ブナ&ナラの古木大木の世界!
まるでもののけ姫の世界ですよ。
見るからに太古の神のような大きな大きなナラの木の根元に舞茸発見!
そこでその日の晩酌分だけ、舞茸を山からわけてもらいました。



ありがとうございます。

ふと見ると、すでに視界にいない老人。
この山深いところでどこに消えたのだろう?
もしかしたら彼は山の神だったかもしれない。
軽くメタボでしたけど。

昼前には下山。
人生初舞茸、初椎茸。
やはり天然物は何から何まで全然違います。


香りのいい天然椎茸は蒸し焼き


舞茸はきりたんぽと土瓶蒸し


秋さんまも


炭火は尽きることなく

その日の晩酌は格別でした。
でも一番の収穫はあの名もなき頂きから見えたすばらしき山の稜線だろう。
あのむこうには青い、碧い、西海岸の海が見えるはず。

まったく岩見三内は最高すぎるぜ!!





この記事にハッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com

| T U | 自然から | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏が過ぎ、風あざみ
甲子園が終わると夏は終わり。
秋田の夏は短いのだ。
特に今年はひときわ短く感じたなあ。

8月に入ってからずーーっとじめじめ・・。
お盆に入ってようやく夏らしく暑くなったけどそれも4、5日だけのこと。
あとは暗雲広がる真夏でした。
天気予報みると秋田だけ・・。
あーあ。
未練あるなあ。

夏はとても刹那的だ。

小さな骸を残して

すぐに過ぎさってしまう

秋田の夏


そんなにdashするなって





この記事にハッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ
| T U | 自然から | 01:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
私の心は夏もよう
昨日まで盆休み。

短いお盆でしたがたいへん満喫いたしました。
家族と濃厚な時間を過ごせるタイミングというのはなかなかない。
なので、必要以上に一生懸命お盆を楽しみました。

20代ではあり得なかった過ごし方、小さい頃に過ごしたお盆の記憶。

天気も良かったしいいお盆だったなあ。
ということで、今日からお盆の記録を淡々とupしていきます!

まずは息子とカブト虫をつかまえに4:00起きで山へ。


深い山のブナの森


それにしては無防備でした・・

幼少の頃、家のまわりはカブトムシやクワガタの宝庫で、
そのカブトムシを何匹つかまえるかで、
その少年のLEVELが決まっていた。
すべての少年が様々なものを賭けて熱中した。
それくらい少年にとってカブトムシというのは重要な意味を持つ生物だったのだ。
あれから20年くらい経ち、
家のまわりにたくさんいたカブトムシは消えてしまった。
原因はなんだろう?
単に乱獲かな?
とすれば、少子化でカブトゲッターが少なくなった今、
カブトムシはそれに反比例して戻ってくるのだろうか?

なんてことを考えながら、
どうせ家のまわりなどではとれないだろうとタカくくり、
4:00に息子にと岩見三内の深い山へ。


夏の深山


清流が涼しげ


気持ちいい夏の朝


林道を疾れ!

腹を空かせながら獣臭漂う山の中を息子と二人で無防備で歩くこと小1時間。
なんとミヤマクワガタを見つけました!


これがミヤマクワガタ!


この木についていました!

ミヤマといったら美しく深い山にか棲息しないという幻のクワガタ!
野生のモノを生で見るのは私も生涯2度目です。
これをゲットしたら魔法が使えるようになると言われている位の代物ですよ!
男の子を経験したことがある人ならこの価値がわかるでしょ!
奇跡です。ミラクルです。
息子よ、我々は運がいい。
どうですかこの野生のミヤマクワガタの凛々しい姿!

その夜には家のまわりで、
カブトムシ3匹とノコギリクワガタ1匹を捕獲しました。


ノコギリクワガタ

確実にカブト&クワガタは戻ってきてる感じ。
カブトゲッターの減少が理由なんでしょうけどね・・。
捕獲したカブト&クワガタは、
カブトハウスを創り、丁重におもてなしをしております。


ご覧のように


快適そう





この記事にハッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ
| T U | 自然から | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
毎秒、光合成!
久しぶりに荘園領主として我が荘園を見廻りに。

小作人はこまめにいろいろやってるようで、感心感心。
私のような荘園領主はいい小作人と出会うということが、
人生を通しての無上の喜びなのだが、今度の小作人はわりとやる。
人間の能力として何より勝るのは向上心か。

そして!
そろそろ収穫間近の作物たち!
ぐーんぐん成長しています!



イボイボのあるちっちゃい胡瓜


枝豆も順調


シシトウの見事な青さ


唐辛子の花


実もつけ始める


青いトマト!


丸々とした実


あとは赤くなるだけ


カボチャも光合成


この辛い昔大根がumai!


ささやかなスイカ畑


ちっちゃい実が


これはもうちょい!


もう光合成が好きで好きでしょうがない!
って感じで盛り上がってました野菜たち!

「青い青い! ウヒョー!ウヒョー!」

と狂喜する私を見て3歳の娘が、

「青いじゃなくて緑だよ」

と言ったが確かにその通り。
どこが青いのか。
緑ではないか。

日本語って不思議だ・・。





この記事で少しでも心が動いたらクリックお願いします→人気blogランキング

| T U | 自然から | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007年初夏、地主として
私、ご存知のように先月から地主をしている。
→ 「農を顧みる」
 
そこで、小作人がしっかり私の荘園を耕作しているかどうかを
見廻りに行く必要があるのだが、
先日も鉄の愛馬で、軽く巡回に行ってきた。



畝はすっきり、雑草はなし。
よし、しっかりやっているようだ。



大豆はもう若葉を出した。
苺はもうすぐ収穫期を迎える。




背後に気配を感じて振り向く。
さっきまで朽ち木だと思っていた物体は実は老人だった・・。
超びっくりした。
しかしそれよりもなによりも、
自分一人しかいないと思ってずっと大声で「粉雪」を歌っていたので超恥ずかしい。

しかしこの老師、見事に自然と一体化している。
私と目があっても表情一つ変えない。
もちろん言葉は交わさない。
必要ない。
ただ見つめ合うだけ。
おそらく簡単な魔法くらいは使えるんだろう。
畑に老師がいるなど夢にも思わなかった。
やはり何事もやってみなければわからないものがあるものだ。
畑はいろんな発見があって常に新鮮だ。

夏はYeah!!




よろしければクリックお願いします→人気blogランキングへ
| T U | 自然から | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ


Web Analytics