Tiger Uppercut!〜ある秋田人の咆哮

タイガー!タイガー!アッパカーッ! 秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来を書き下ろし!
<< 教育学部Graffiti | main | もう一編の詩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
一編の詩
「髭生ゆる 我が顎に出り 父の影」

佳作の部類に入る一句だと思うがどうでしょうか?
普遍の自然の中に、安堵と運命、そしてその運命に抗いがたい切なさ、
やるせなさ、それとどうしようもない微かなあきらめも感じる。
人生の深みも感じるし哀しみも厚さ儚さも感じる。


鋭敏な感性と深い懐を持った人物でないと
なかなかこういう詩というものは出てくるものでない。



作者は、昨年末の妹を殺しバラバラにした渋谷浪人生妹切断事件の犯人。
被害者の兄です。






よろしければクリックお願いします→人気blogランキングへ
| T U | 時事から | 04:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:20 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ


Web Analytics