Tiger Uppercut!〜ある秋田人の咆哮

タイガー!タイガー!アッパカーッ! 秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来を書き下ろし!
<< 禁酒期間も半ばを越えて | main | 「どんな秋田になって欲しいですか?」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
白河以北一山百文
日本人の東北に対する侮蔑意識はここから始まったのではないか。

戊辰戦争の際に勝者となった薩長中心の官軍・新政府勢力が、
朝敵となり敗者となった東北諸藩を嘲弄するためのスローガンだったんだろうが、
あまりにもひどい言いようだ。


(南部の猛将・楢山佐渡)

「白河以北一山百文」とは、
東北なんぞは山一つでも百文しか価値がない、という意味だ。
現に明治政府も今の政府も、
そういう我々への嘲弄、侮蔑を根底に持った国づくりをしてきた。


平民宰相といわれた日本で最初の政党内閣の首相、
原敬は南部藩の士で盛岡の人だ。


(平民宰相・原敬)

東北戊辰戦争の際、生保内口から始まり、鹿角口、大館、能代など、
秋田藩深くまで斬り込んできた南部軍を率いた家老楢山佐渡が
薩長に屈服して盛岡の報恩寺で切腹したとき、
人目もはばからず寺の塀沿いを
「満眼に悲涙をたたえて歩いた」というエピソードが残っている。
このとき14歳、原敬は反骨の東北人なのである。

戊辰後の人生は藩閥への挑戦に貫かれた人生だといっていい。
彼の悲願は東北に対して「白河以北一山百文」などという
薩長主体の藩閥政治を打倒し、政党による政治体制をつくること。
その彼の雅号が「一山(ichizan)」である。
無論、「白河以北一山百文」という侮辱に対する反抗である。
その気概と実行力に感服する。尊敬する。




今、仮に対岸のどこかの国と戦争になった場合、
初期防衛がうまくいかず、
北日本に敵国軍の上陸、
そして一時駐留・占領を許してしまったとする。

そのとき、日本政府は東北を切り離してしまわないか?
見放してしまうんではないか?
白河に防衛ラインを張るのではないのか?


そこんとこどうなのか。
考えると背筋が寒い。
150年前も今も、我々は日本人だ。




よろしければクリックお願いします→人気blogランキングへ
| T U | 秋田についてもろもろ | 23:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:46 | - | - |
数年前の記事に反応して悪いが
白河以北一山百文は差別や侮辱ではない。
君が言うように、原敬、そして河北新聞が掲げた言葉であり
それ以前からある言葉だよ。薩長が差別的に
侮辱的に使ったという史料文献はないよ。
会津贔屓の作家や反官な作家ですら
薩長が差別的に侮辱的に使用した史料なんて
掲げてないんだよ。だから君を含め
薩長の差別だとする人達でも
薩長の誰が東北の誰に言ったのか示せないんだよ。
いい加減気づこうぜ、東北人。
| たろー | 2011/07/18 3:49 PM |

東北人としての誇りは薩長暴力集団ごときで汚されるものではない。
薩長はその後長州の策謀で薩摩をして朝敵として叩き落とし独裁を敷いたが、その堕落が第二次大戦の滅亡につながった。天皇制を徹底的に悪用した結果だ。

東北人が恥じるとすれば、まさにそんな政権を今も支持する間抜けさにある。
| 巴里の空から | 2015/12/05 3:28 PM |










トラックバック機能は終了しました。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ


Web Analytics