Tiger Uppercut!〜ある秋田人の咆哮

タイガー!タイガー!アッパカーッ! 秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来を書き下ろし!
<< 人生の第三幕 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2020年に卒業する君たちへ

※このテキストは2020年3月1日に秋田高校卒業式で読み上げる予定だった来賓祝辞です。

 

本日、卒業式を迎えた272名の皆さん、誠におめでとうございます。

また、ご家族の皆様にも心からのお喜びを申し上げます。

 

入学以来今日まで、君たちは秋田高校の恵まれた環境によって、

まさに文武両道で努力し続けてきた。

青春の躍動、歓喜に満ちた、

まさしく汗と涙の結晶といえる貴重な素晴らしい日々だったことだろう。

それぞれの目標に向かって本当に三年間よく頑張ったと思う。

 

しかしその結果、目標に到達できた人ばかりではないだろう。

満足のいく結果として残すことができた人はむしろ少ないだろう。

 

頑張っていれば、いつか報われる。

持ち続ければ、夢は叶う。

そんなことは幻想であり、

たいてい、努力は報われない。

たいてい、正義は勝てはしない。

たいてい、夢は叶わない。

 

そう、それが現実だ。

一方では、苦難と苦悩に喘いだ三年間でもあったことだろう。

そしておそらく、人生はその繰り返しだ。

 

しかし今、君たちはこの三年間の苦闘によってすでに知っている。

 

自由とはなにかを。

 

そして、

滾々とあふれ出る好奇心の使い方を。

自分の限界を自分で決める愚かさを。

未知の世界へ颯爽と飛び込む勇気を。

忍耐が暗闇の中を照らすということを。

そして、親友、先輩、後輩、あるいは他校のライバルたち、恩師、家族、

自分を支えてくれるすべての存在への感謝を、

すでに君たちは知っている。

 

目標に向かって進むときに必ず立ちはだかる困難な現実。

その困難な現実に立ち向かうためのあらゆる力。

それこそが三年間の結果、君たちが等しく、秋田高校から獲得したものだ。

三年間、うぐいす坂を登った者でなければ知り得ない特別な視界、視野。

そこに君たちは今日、全員到達した。

その一点について、

心から嬉しく思うし、

本当に心の底からおめでとうと言わせていただきたい。

 

これから進学を果たし、

それぞれの能力と人間性をさらに高めていくことだろう。

しかし君たちは、

これから到来する未知なる社会の変化と戦うための土台は、

すでにできているといえるだろう。

どうか時代の先をどんどん走っていってもらいたい。

君たちは自由だ。

世界は君たちを待っている。

己の求めてやまない信じる道を定め、

生き生きと新たな未来を創り出していってもらいたい。

そんな君たちを、

今までよりも、少しだけ離れたところでただ見つめながら、

これからも、親として想いをいっそう濃くしていきたいと思う。

 

最後に、安田校長をはじめとする教職員の皆さま、

大変お世話になりました。

激務の中でも己を顧みず、

まさに身を粉にして指導される先生方を現場で間近に見てきました。

おかげさまでこうして全員の晴れ姿を見ることができました。

どんな時代となるにしても、

世を創るのは人であり、人を創るのは教育である。

深甚なる敬意と感謝を申し上げます。

 

重ねて申し上げたい。

君たちの成長と、その証である今日の卒業を、心から祝福する。

おめでとう。

 

以上、令和二年三月一日 

 

 

春のうぐいす坂

 

 

2020年初頭から始まった新型コロナウィルスによる突然のイベント中止延期騒動によって、

読み上げることの叶わなかった祝辞を記しておきます。

つたなくさもない祝辞ではあるけれども、

まったく陽の目をみないのはどうもケツの座りが悪いので。

 

祝辞を考えるにあたっていろいろ悩んだ。

特に歴代の方々は本当に地元名士のお歴々の立派な方々ばかりで、

比較されるといかなる面でもかなわない。

よって、

 

「いまこの瞬間に息子に語りかけたいこと」

 

という単純なことのみを主題にして浮かんだ言葉をただ文字にした。

もしも通常通り式が行われていたら272名の中から息子の顔を探し出し、

その眼だけを見つめながら壇上から語り続けていただろう。

数多いるご父兄の、

それぞれのご子息ご息女に対するそれぞれの想いの、

ほんのひとかけらでも代弁できたとすれば望外のことである。

 

 

| T U | その他 | 12:06 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:06 | - | - |
それがどんなに素敵な文章でも・・・

他の人が作った言葉を貼り付けて読むのなら、それは人の心に響くのかな?
格好良くなくても、あなた自身の言葉で語りかけた方がいいと思う。
| はなこ | 2020/05/02 3:17 PM |










 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

このページの先頭へ


Web Analytics