Tiger Uppercut!〜ある秋田人の咆哮

タイガー!タイガー!アッパカーッ! 秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来を書き下ろし!
<< ベアーハザード4 〜メット・・ | main | Beautiful Blue >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ベアーハザード5 〜形勢逆転!

しかし、これを耐えきってしまうともうこちらのペースだok余裕。
熊よ、死ぬのは貴様の方だ。



というのも、
もう一度熊がブーメランフックを試みようとしても、
悲しいかな、熊と私の間には間合いがない。
つまり突進するために必要な助走スペースがない。
よって、いかに熊がフックを放とうとも、
渾身の第一撃ほどの威力はないその攻撃は、
すべて私の頭部に輝くメットに完封されるだろう。
熊が打撃による波状攻撃で有効な致命傷を私に与えることは、
すでに理論上不可能なのだ。

しかも、熊の第2次攻撃である噛み付きに関しても、
私のメットはパーフェクトに対応するだろう。
だいいち熊に囓られたくらいで割れるようなメットなどは売ってない。
それはそうと、
なぜ「パソコンの館」にあんなにメットが売っているのか不思議で仕方ないが、
さあ反撃だ!

「さっきはよくもフックかましてくれたなこの熊公!地獄に落としてやるぜ!」

なんて、威勢のいい罵声を浴びせながら楽しく反撃を開始しよう。
しかし、ここで悩ましいのは、その攻撃方法だ。
私が武術の達人か新実容疑者であるならば、鉄山靠でもかまして、
一気に息の根を止めてしまいたいところだが、
もちろん私にそんな心得はない。

なにしろ一発の攻撃で仕留めることが求められるのである。
もたもたしていたら熊に間合いをふたたび取られ、
最初から始められてしまう。
さすがにあのブーメランフックを連続で2回も食らってしまうとなると不安だ。
たぶんメットは大丈夫だろうが、私の首の骨の方が心配だ。
一撃で仕留められなければ、
罵声を浴びせられて怒った熊は何度でも立ち向かって来るだろう。

ということで、ここは人間らしく、なにかえげつない道具を使いたい。
そこで考えたのが「金属バット」だ。
すでにおわかりの通り、
この漫画のようなアイテムを選択したということは、
まるでいいアイデアが思いつかなかったからということに他ならない・・。





しかしだ。
武道の心得はないが、私にはベースボールの心得が多少あるのである。
鍛えに鍛え抜かれたスウィングで、
熊ゴローにハードヒットをお見舞いすることができるのだ。
しかも私は都合のよろしいことにスイッチヒッター。
どのようなアングルからでも、
うねり打法による本気モードの一打を繰り出すことが可能だし、
それどころか、両打ちの特性をいかしてなんと連打さえも可能なのである。

いかな熊とて、このような打撃を喰らって、
谷底につき落とされてはひとたまりもないだろう。
しかも、この闘いによるこちら側の損耗は何一つないのだ。
このあと、また別の熊五郎に遭遇したところで同じことを繰り返すだけだ。
慣れてくれば先制の右フックも見切ることができるようになるかもしれない。

唯一、難点があるとすれば、
金属バットにフルフェイスのメットという姿で山中で誰か人間に出会ったら、
間違いなく殺人鬼だと思われるということぐらいだ。
作戦としては完璧に近いだろう。


さて、これで私と熊とのしょうもないストーリーは終わるのだが、
これから本番の熊シーズンに向けて、
日々、バッティングセンターでうねり打法の特訓をするというのが、
私の生き延びる唯一の道となってしまった。

ということで、ラウンドワンの会員になってきました。
いずれみなさんにここで、
勝利の報告ができるように今日もまた修練に行ってきます。





この記事を、すべての山を愛する者のために捧ぐ− 。



→ ベアーハザード1 〜熊いすぎ
→ ベアーハザード2 〜回避から積極決戦へ
→ ベアーハザード3 〜先制攻撃
→ ベアーハザード4 〜メット・・
→ ベアーハザード5 〜形勢逆転!







この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com



 

| T U | その他 | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:09 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ


Web Analytics