Tiger Uppercut!〜ある秋田人の咆哮

タイガー!タイガー!アッパカーッ! 秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来を書き下ろし!
<< 夏休みpizza  | main | 中国見聞録 〜爽やかな風が吹く大連 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Day of the ancestors

会社の外人とお盆の話をしていたときに、

「Day of the dead」

というwordが出てきたが、
まあそんな感じなんだけどもできれば日本人としてはせめて、

「Day of the ancestors」

と訳したい。
前者だとなんか地中から土葬しきれていない
ゾンビみたいなご先祖様がぞろぞろと出てきそうな気がして・・。

お盆のメインはご先祖様。
たぶん敬虔な浄土真宗門徒である我が家も毎年この日はご先祖様のために、
心安らかな日を過ごす。

ご先祖様にあげるためのいろいろ渋い料理をカーサンが作るのだけども、
私はなぜか数年前からbeef当番に・・。
まあヒマだからいいんだけどもね。
普段買えないような高い肉に挑戦もできるので。



ということで100g780円のフィレを1kg特注。
ok、今回はこいつをsteakにして進ぜよう。
TVでは能代商が15-0で負けている・・。
球児たちには申し訳ないがとても恥ずかしい内容。
ここに来る資格が完全になかったね。
能代五(小学校)は全国ベスト8の全国レベルだったのになあ。
いずにれせよ近年にない恥ずかしい試合を演じてしまってました。
ま、いいや、仕込もう。





その間、昼飯用にとpizzaとかを。
串は会社のアメリカ人に教えてもらったAmerican Kabobsです。
トマトは焼くと意外とumaiのだ。





手持ちのダッチオーブンフル回転で10人分の料理をつくる。



極厚にcutした牛フィレ。
いやー壮観ですなあ。
でも失敗したらどうしよう。。。



ok、焼く準備完了。













これくらいの肉になると焼くにも度胸がいりますね。



なかなか成功じゃないかと。
味は素晴らしいものがありました。

そしてこれを食してお墓参りにいくんだけどもなんか申し訳ない気が・・。
そういえばこんな日にこんなナマグサイもの食べてていんだろうか・・。



でも墓参りへ出発。






まずは初代、2代目のご先祖様が眠る共同墓地へ。



途中の道祖神様にもお供え物がたくさん。
100年以上続いている光景だろう。



そして次は3代目が眠っているお寺へ。





浴衣を着て墓参りする4代目と墓に水を掛ける6代目と、それを撮影する5代目。



日が暮れてきて境内には蝋燭の灯りと線香の香りだけ。
合掌。
そして深い深い感謝のお祈り。
その最中、口中にはずっとガーリックの何とも言えない後味が・・。





そのうえ家に帰ってから実は焼いておいたRoastBeefで飲みなおし。



うーん、さすがにナマグサ過ぎるよね。



今年は完全に「Day of the beef」でした。。。
ご先祖様、ごめんなさい。



以上、つれづれながら。





> この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com



| T U | 食べ物から | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:53 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ


Web Analytics