Tiger Uppercut!〜ある秋田人の咆哮

タイガー!タイガー!アッパカーッ! 秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来を書き下ろし!
<< 中国見聞録 〜爽やかな風が吹く大連 | main | 中国見聞録 〜大連citywalk >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
この長い旅が終わる頃には

自分がそう育ってきたからというのが理由の大半なのだけども、
男子を育てるにあたって「野球」というものは非常にいい仕事をするものだと思う。
ということもあり、
まだ彼がバブーバブーいっている頃から野球に興味を持つように育て、
そして教えてきた。

そしてようやく小学3年生になり、野球部(まあスポ少なんだけど)に入り、
この夏休みも彼は野球漬けの毎日だった。
おかげで親であるところの私も、
「子どもの野球縛り」のホリデーを余儀なくされているんだけども、
まあそれはそれなりにね。
頑張るつもりですよ。

うれしいことは、
彼はかつて私の卒業した小学校の同じチームに所属しているということ。
親子2代、いや3代かな?これは幸せなことだとつくづく身にしみます。

そして意外なことは、
現在この小学校は非常にレベルが高く全県でもトップチームなのだ。
私の時代から考えると冗談のような話だけども、本当だったのだから私も驚いた。
指導者などがいいんだろうな。
それも彼らにとっては幸せなことだと思います。
私が小学校のときの野球の監督は、
生涯野球などやったことのない大学を出たてのミスヨーコだったのだけれども、
今はそもそも制度が違うんですね。
これではやはり指導者で差がつくのもさもありなんだろうと。


いずれにせよ真夏の先日、殺人的な猛暑の中で新人戦が行われ、
彼も生涯初の公式戦のグラウンドの土を踏んだ。
そして私も前日は大事な会合があったために朝まで飲んでいたにも関わらず、
早朝からネットを張るためにグラウンドの土を踏んだ・・。





生まれて初めての背番号は「5」でした。
グローブを買ってあげて大喜びしていたのは何歳の頃だったか。
網の奥でいっちょまえにサードを守っているところ見ていると、
前日まるで寝てないことも忘れます(すぐ思い出すけど)。


そして人生初打席!


おお〜いっちょまえだごど〜

この小さな背番号「5」をつけた8番サードの初打席は投ゴロでした。
そのあとなぜか3安打と打ちまくったのは、
親父を寝させないための神様の嫌がらせだろう。
おかげで熱中症寸前でした。


結果は惜しくも準優勝 上出来だよ




さあ、彼は今から「野球」という名の長い長い旅に出る。
この旅が終わる頃にはどんな人間になっているだろう。



どこを通過していくにせよ、
終着駅だけは間違えることないよう見守っていたい。






この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com



| T U | スポーツから | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:03 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ


Web Analytics