Tiger Uppercut!〜ある秋田人の咆哮

タイガー!タイガー!アッパカーッ! 秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来を書き下ろし!
<< この長い旅が終わる頃には | main | 中国見聞録 〜大連の友人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
中国見聞録 〜大連citywalk

ホテルでの朝食が実にうまかった。
この旅を通して一貫していたことがメシがうまかったこと。
さすが深く長い歴史のある国です。
とても食べ物がumai!


(RAMADA Hotel の朝食)

ということで、
初日の朝食からついつい3セットほどもやっつけてしまったので、
ここはホテルの周辺をうろつき歩いてみることに。

大連を歩いてみてまず思ったことは、車が恐怖だということ。
これはどのガイドブックにも書いてあることなので、
警戒はしてましたが、まさかこれほどまでとは・・。
正直言って、何度、殺されるところだったかわかりません。


(とても理解が困難な交通ルール・・)


(この警官はそこに立っていてなにしてるんだろうか・・)


(事実、犠牲者は多いらしい・・・)


中国というと、
路上は糞尿にまみれて異様な腐敗臭が漂う街並みという
非常に古典的なものを想像していましたが、
ここはとてもきれいですね。
失礼しました。
もっともそういうエリアもあるんでしょうけども。
私は運良くそんなところには行く機会がありませんでした。


(街はとてもきれいでおどろきました)


(おぞましい臭気もせずにとても快適にwalk!)

今回はあまり市内観光をする時間がなかったのだけども、
それでも大連に関していろいろ知ることができました。
そして大連料理に毎日舌鼓。
滞在中に痛風発作がでないか心配でした。


(この中から今夜の鮮魚をチョイスするのです)

大連料理とはいわゆるseafoodですね。
こんなに海に恵まれているんだからそりゃそうだ。
ということで、見たことある魚がたくさん陳列。
日本の海と近いので住んでいる魚もほぼ同じなんだろう。
昔、ここに来た日本人はその点は住みやすかっただろうなあ。
カニやウニ、ナマコなどはとてもおいしかったし、魚も味付けがとてもステキだった。
しかもどの店も。


(やはりこのように個室の円卓でいただきます)

いやーしかし、ほんといいとこですよここ。
海外進出するならまず大連ですな。
弊社スタッフのT氏も大よろこびするに違いない。




そして、朝も爽やか。
いやーT林氏がとてもうらやましい。






この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com




| T U | 旅から | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:58 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ


Web Analytics